Design du Koh_北海道・札幌の建築設計事務所

北海道・札幌の建築設計事務所 株式会社Design du Kohは、長年北海道で培った温熱環境の技術と経験をベースに、お客様とその土地にあった建築を提案します。

一枚屋根の森のすみか

終の家として、白樺の森に棲むことを決めたお施主様の家。

せっかく森に棲むのだから、閉じこもった家ではもったいない。森の一部に居場所を借りているようなそんな家を作りたいと考えた。

そこで大きな窓を設けて森を眺める、という考え方ではなく、森に開けた居場所として屋根だけがかかっている、そんなイメージで設計を始めた。

とはいえプライベートな場所や収納等は壁で守られたところが必要なので、必要な部分を箱として囲い、集まってくつろぐ所は囲わないという考え方をしている。

ご要望であった集まってくつろぐ所とプライベートな場所を分けて作りたいということに対しては、両者の間に水廻りをまとめ、その間をギャラリーともなる廊下とすることで両者に物理的・心理的に距離感を与えるプランとしている。

それを一直線の細長いヴォリュームとすることで、白樺のまっすぐな木立に対して水平に長く伸びる外観としてまとめた。